肌の若返りには

2012-12-11



では、肌の若返りを目的とした場合
どの細胞増殖因子が最も効果的なのでしょうか。

肌にはいくつかの細胞の層があります。
肌は上から表皮、真皮、皮下組織という構成となっています。
これら各層に働くのは
表皮に働くEGF(上皮細胞増殖因子)、真皮に働くFGF(線維芽増殖因子)
皮下組織に働くIGF(インシュリン様増殖因子)です。

肌が速やかに生まれ変わるためには、これら3つの増殖因子が揃えば理想的ですね。
また、FGFの1種であるKGF(ケラチノサイト増殖因子)も加われば
角化細胞に働きかけて肌のターンオーバーをより速やかに回復し
肌の若返りには効率的です。

それぞれの増殖因子は、互いが密接に関わりあっていて
助け合って働いています。
このため単独で用いるのでなく、いくつかの増殖因子を併用することで
最も効果的に肌細胞を若返らせることができるのです。

Share on Facebook