皮膚の構造を知ろう

2012-12-11



私たちが大切にしている肌、皮膚はいったいどういう構造になっていて
どういう働きをしているのでしょうか。

皮膚は大きく分けると
表皮(上皮)と真皮、皮下組織の3つから構成されています。
表皮は上から、皮脂膜、角質層、顆粒層、有棘層、基底層に分れ
毛穴が皮下組織から真皮、表皮を通っています。

表皮の厚さは0.2ミリほどで、毛細血管はありません。
角質層はセラミドによって繋ぎ合わされており
その表面を酸性の皮脂膜が覆っていて
皮膚をバクテリアなどから守っています。

表皮細胞は細胞分裂をして成長を繰り返し
古くなった細胞は角質からはがれていきます。
肌のターンオーバーといわれるもので、表皮の基底層の細胞が1回分裂すると
それに押し上げられて角質細胞が1つ剥がれ落ちるのです。
また基底層にはメラノサイトがあって
紫外線が当たるとメラニンを作って肌を守ります。

真皮は2ミリの厚さがあり
ここには毛細血管があって、酸素と栄養が供給されます。
真皮には線維芽細胞があって
コラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸を作り出しています。

皮下組織には皮下脂肪が蓄えられ
ここから血管や神経が真皮や表皮に伸びています。

Share on Facebook