肌老化の原因

2012-12-11



お肌の悩みは、シミやクスミ、シワやタルミ
乾燥肌、ニキビ、吹き出物といろいろで
歳とともに悩みは深くなっていきますね。
これは、加齢によって細胞が老化するからにほかなりません。

シミやソバカスは、メラニンが皮膚に沈着した状態です。
表皮(上皮)細胞が元気であれば、できたメラニンは
古い細胞とともに剥がれ落ちていくのですが
衰えた細胞はそれができなくなっています。

シワやタルミは、皮膚の真皮内のコラーゲンやエラスチン
ヒアルロン酸などが減少するため
ハリや弾力がなくなって起こります。
真皮内の線維芽細胞が衰えるため
コラーゲンなどが十分生成されなくなっているのです。

細胞の老化とは、古い細胞が新しい細胞に生まれ変わる力が衰えることです。
つまり、細胞の分裂、再生のスピードが落ちてしまうのです。

上皮細胞の再生が衰えるとシミやソバカス
線維芽細胞の再生が衰えるとシワやタルミが生じることになります。

Share on Facebook