冷え性改善プログラム


冷え性とは


冷え性は、病気ではないため、病院での治療は存在しません。
そのほとんどが、生活習慣や食事、運動で改善することができます。
毎日の生活のなかで、自分の習慣を見直し、正しい知識を持った上で
→続きはこちらから


冷え性とは病気ではない


冷え性は、病気ではないため、病院での治療は存在しません。
そのほとんどが、生活習慣や食事、運動で改善することができます。
毎日の生活のなかで、自分の習慣を見直し、正しい知識を持った上で
→続きはこちらから


冷え性から起こる病気


冷え性自体は病気ではありませんが
冷え性から生じる様々な症状は、いずれ病気に繋がることもあります。
例えば、冷え性が原因で起こる副症状といえば
→続きはこちらから



食生活と冷え性


冷え性の原因としてまず挙げられるのが、食生活です。
軽い冷えは、食事で改善されることもしばしばあります。
私たちの体は、普段食べる食事からの栄養素で成り立っているので
→続きはこちらから


冷え性と衣服


冷え性には、衣服も大きく関わっているといえます。
特に女性は、冬でもスカートをはきます。寒いからといって
仕事上や付き合い上、スカートは避けては通れないと思います。
→続きはこちらから


衣服の種類


冷え性の原因に、衣服の種類も大きく関わってきます。
最近は、体にフィットした洋服が流行っています。
通常販売されている洋服をみても、昔に比べて、
→続きはこちらから


冷え性と貧血


女性の多くは、貧血傾向にあるといわれています。
女性ホルモンの関係により、男性より鉄分が必要となってくるからです。
現に、男性と女性では、鉄分の平均値に違いがあります。
→続きはこちらから


冷え性とタバコ


喫煙も冷えと深く関係しています。
喫煙をすると、末梢血管が収縮するといわれます。
末梢血管が収縮すると、その部位に流れるはずの血流は
→続きはこちらから


冷え性と自律神経


自律神経の乱れも大きく関わりがあります。
自律神経とは、交感神経と副交感神経から成り立ち
活動中と休息中の体を、バランス良く保つ働きがあります。
→続きはこちらから


水分の取りすぎ


水分や栄養の過剰摂取をすると、水分や栄養が過剰に蓄積されて、
血液の流れを妨げる障害物となってしまい、熱を運ぶ邪魔をしてしまうのです。
そして、熱を運ぶ邪魔をするばかりか、体内から排泄されなかった余分な水分は
→続きはこちらから


冷え性とダイエット


ダイエットをしている人に、冷え性の人は多いといわれます。
長期にわたってダイエットをしている人は
ほとんどが冷えを経験しているかもしれません。
→続きはこちらから


冷え性と冷暖房


冷えを司る神経を麻痺させてしまうのが、冷房や暖房といった
エアコンの設備です。
寒い日の自宅や会社には必ず暖房がついており、暑い日は冷房がついています。
→続きはこちらから



自律神経失調


自律神経は人間の体のバランスを正常に保つ役割をしています。
主に日中の活動を指示する交感神経と、休息時に指示する副交感神経から成り立ちます。
心身や頭を動かす役割と、休める役割に分かれていて、これらの神経の作用によって
→続きはこちらから


低体温


低体温は、体熱生産の減少によるもので
体力の衰弱や栄養不足が原因となることが多いようです。
最近の低体温の原因は、食生活や生活環境の乱れが主だといわれています
→続きはこちらから


ホルモンバランス


女性ホルモンには
女性らしい外見や女性としての体を構成するために必要なホルモンです。
このホルモンは、脳の視床下部に存在し
→続きはこちらから


食事の改善


冷えを改善する時は、まず、食事を食薬だと思うことが大切です。
食事から摂れる栄養で、私たちの体は成り立っているのですから
その食事を大切に考えることは、体を大切に考えることと直結しています。
→続きはこちらから


食事方法


体を温める食材が分かったからといって
温める食材ばかりを食べることは、逆効果です。
何事にもバランスが大切なように、食事でも同じです。
→続きはこちらから


ビタミンの摂取


ビタミンにもいろいろな種類がありますが
体の冷え予防に効果のあるビタミンは
ビタミンB1とビタミンEそして、鉄分です。
→続きはこちらから


入浴方法


冷え性の人にとっての入浴は、正しい知識が必要です。
シャワーで済ませるのは禁物です。
表面だけが温まるだけで、冷えに効果はありません。
→続きはこちらから


衣類


衣類選びは冷えに関係しています。
窮屈な服や下着、体の一部を締め付けるような服や靴は
血液の流れを悪くします。
→続きはこちらから


首回りの保温


頭を支えている首は、長時間緊張を強いられている部位です。
この緊張により、首の筋肉は常に硬くなっていて
血液の流れが悪くなりがちです。
→続きはこちらから


姿勢の問題


体の血液は、心臓から送り出された後、全身に流れていきます。
しかし、体の一部に緊張があったり、圧迫があったりすると
その先には流れにくくなってしまいます。
→続きはこちらから


冷暖房


冷暖房は、暑さ寒さから身を守ってくれるように思いますが
この冷暖房の中に長時間いると、体の機能に変調をきたします。
人間の体は、寒い時には自分で体を温めようと
→続きはこちらから



自律神経の改善


自律神経は、脳の視床下部にあり、活動と休息のバランスを整えています。
冷えの原因となるこの自律神経が乱れることによって
体に様々な影響を及ぼすことになります。
→続きはこちらから


運動で解消


酸素を多く含んだ筋肉は柔らかく、疲れにくくなっています。
筋肉が放つ熱量は脂肪よりも大きいため
常に活動していると考えてください。
→続きはこちらから


リンパマッサージ


リンパというのは筋肉の収縮によって流れており
その中をリンパ液が流れています。このリンパの働きは
毛細血管が回収しきれなかった老廃物や水分を回収して回るものだと考えてください。
→続きはこちらから


冷え性と骨盤の関係


骨盤内には太い血管が流れており
下半身への血流にとって重要な役割を担っています。
この骨盤に歪みが出ると、臓器は定位置から下がり他の臓器や腸を圧迫し
→続きはこちらから


冷え性とコーヒー


体が温まるからといってホットコーヒーを飲むのはよくありません。
コーヒーにはカリウムが含まれているため、利尿作用があります。
→続きはこちらから


冷え性とお酒


お酒を飲むと顔や体が熱くなり、温まったように思えます。
しかしこれは一過性のもので
お酒によって開かれた血管には大量の血液が流れ込み
→続きはこちらから


冷え性と睡眠


睡眠は体を休める副交感神経が働きます。
この神経が正常に働かなければ
活動に関係する交感神経が正常に働きません。


冷え性とお風呂


お風呂でいくらゆっくり浸かって体を芯から温めたとしても
お風呂を出てしまうと、その後は皮膚表面から熱はどんどん放出されていきます。
お風呂を出た瞬間から、体の熱はいつも以上に早い速度で低下していっているのです。
→続きはこちらから

Share on Facebook