冷え性と冷暖房

2012-12-12



冷えを司る神経を麻痺させてしまうのが、冷房や暖房といった
エアコンの設備です。
寒い日の自宅や会社には必ず暖房がついており、暑い日は冷房がついています。

通常人間は、自分の体内で熱を生産し
外気の温度に合わせてその熱を放散するしくみになっています。
寒い日には寒い日なりの、暑い日には暑い日なりの
熱の放散の仕組みがあるにもかかわらず、その仕組みを妨げているのが
こうした冷暖房なのです。
暑い日には体内ほ水分の蒸発とともに、不要な熱を放散させて体を適温に調節し
寒い日には体の熱の生産量は増加して、より多くの熱を放出し
寒さから身を守っています。

しかし、こうした人間の正常な働きを、冷暖房によって妨げているために
皮膚は温度調節機能を失い、熱を生産できなくなっているのです。


Share on Facebook