入浴方法

2012-12-12



冷え性の人にとっての入浴は、正しい知識が必要です。
シャワーで済ませるのは禁物です。
表面だけが温まるだけで、冷えに効果はありません。
また、手足が冷たいからといって、熱い湯に入るのも同じで、効果はありません。

体温よりも少し熱いくらいほ湯に、ゆっくりと浸かることが大切です。
ゆっくりと浸かることで、収縮した末梢血管がゆっくりと開いていき
隅々まで血液がながれ、循環が良くなります。

また、昼間使われていた筋肉は、固く縮まっているため
この筋肉をほぐす役目もあります。
筋肉をほぐすことは、副交感神経の活性化に繋がり
休息へのリズムへスムーズに流れていくことになります。
みかんの皮やレモンの皮には、体の保温効果を高める作用があるので
浴槽に浮かべることを試してみるのも良いと思います。


Share on Facebook