衣類

2012-12-12



衣類選びは冷えに関係しています。
窮屈な服や下着、体の一部を締め付けるような服や靴は
血液の流れを悪くします。

特に足は、心臓から一番遠いところにあるため
血液の流れも悪くなりがちです。
その足元が窮屈だったり、長時間冷気にさらされていると
たちまち足元は冷えてしまいます。
保温効果のある靴下やタイツ
そしてふくらはぎまで隠れるブーツが良いと思われます。

しかし、ヒールのある靴やブーツは
末梢血管を締め付けることになりますので、ひかえた方が良いでしょう。
どうしても履かなければならない時は、時々靴を脱いで
足首を回すなどして、循環を良くしましょう。
暖房の効いている室内においても、薄着は避け
体からの熱の放散や、水分の蒸発を防ぎましょう。


Share on Facebook