首回りの保温

2012-12-12



頭を支えている首は、長時間緊張を強いられている部位です。
この緊張により、首の筋肉は常に硬くなっていて
血液の流れが悪くなりがちです。

そのため首周りを冷やすと、頭だけでなく
全身の血流が悪くなり、冷えの他に、頭痛や肩こりを引き起こします。
長時間の同じ姿勢は避け、首の運動をしたり
肩を回したりして、血液の流れを促進しましょう。

また、首周りをマフラーやスカーフで保温し
直接外気が当たらないようにした方がよいでしょう。

手足などの末端の冷えは
体幹から繋がる部位の循環が悪いことが原因ということが多いです。

手足を保温するのと同じように、体幹から繋がる部位も
保温することを忘れないようにしましょう。


Share on Facebook