姿勢の問題

2012-12-12



体の血液は、心臓から送り出された後、全身に流れていきます。
しかし、体の一部に緊張があったり、圧迫があったりすると
その先には流れにくくなってしまいます。
そのために、腰や下半身が冷えてくることもあります。

まずは、自分の姿勢を見直しましょう。
体の歪みは、姿勢が悪く見えるだけでなく、内臓の働きを妨げ
筋力の低下に繋がります。
内臓の働きを妨げると、内臓からの正常な熱の放散ができなくなり
さらに筋力の低下は熱の生産を妨げます。

また、姿勢が悪いと、余計なところに力が入り
筋肉は緊張を強いられます。
緊張した筋肉は硬くなり、血液の流れを悪くします。
背筋はまっすぐにし、肩の力を抜いた状態を保つようにしましょう。
そして、女性は、必要以上に足を組むことをやめましょう。

足を組むと、膝の裏が圧迫され、血液の流れを妨げます。
膝の裏には、心臓から伸びる、太い血管があるので
その血管を圧迫すると、膝から下の血流が悪くなるのです。


Share on Facebook