冷暖房

2012-12-12



冷暖房は、暑さ寒さから身を守ってくれるように思いますが
この冷暖房の中に長時間いると、体の機能に変調をきたします。
人間の体は、寒い時には自分で体を温めようと
いつもより熱を多く生産しようとします。そして、その熱を衣類で守ろうとするのです。

しかし、暖房が効いていると、体温を上げる機能は働かず
また、保温する必要もないために、薄着になります。
外に出た時には、体温を上げようとするのですが
またすぐに暖房の中に入ってしまうため、体温中枢に異常をきたします。

体温中枢を司る、自律神経は麻痺し
やがて正常に働かなくなってしまいます。
全てが悪循環なのです。寒い時には寒さから身を守るように
暖房の部屋に長時間いることはさけ、自分の身を守りましょう。

あくまでも「長時間」ということです。
あまり無理をしすぎると逆に体調を崩しますのでお気を付けください。


Share on Facebook