リンパマッサージ

2012-12-12



リンパというのは筋肉の収縮によって流れており
その中をリンパ液が流れています。このリンパの働きは
毛細血管が回収しきれなかった老廃物や水分を回収して回るものだと考えてください。
リンパの流れが悪くなると、体内に余分な老廃物や水分が溜まり
血行不良やむくみや肩こりに繋がります。
血行が悪いということは全身の血液の流れが悪いということなので
末梢の冷えが起こります。
リンパマッサージにより体の老廃物を除去することで血液の停滞を防ぎ
全身の流れを良くすることが大切です。

リンパ節が存在している部位には、耳の下や首、腋の下や足の付け根
肘の裏や膝の裏、足首などが挙げられます。
これらの部位を優しく回し
血液が心臓に流れるようにマッサージしていくと良いでしょう。


Share on Facebook