冷え性と骨盤の関係

2012-12-12



骨盤内には太い血管が流れており
下半身への血流にとって重要な役割を担っています。
この骨盤に歪みが出ると、臓器は定位置から下がり他の臓器や腸を圧迫し
血管を圧迫してしまいます。その結果、血液の流れを邪魔して
下半身への血流が滞ってしまうのです。

女性は出産や生理によって、骨盤に歪みや開きがが生じやすくなります。
また、日々の姿勢も大きく影響しています。
しかし、これらも体操で治すことができます。
下半身が冷えることには骨盤が関係していることも十分考えられますので
骨盤体操や姿勢の見直しをすることも大切です。
仰向けになって骨盤をねじるように左右に動かすだけでも
昼間重力で下がった臓器を押し上げることになります。


Share on Facebook