冷え性と自律神経

2012-12-12



自律神経の乱れも大きく関わりがあります。
自律神経とは、交感神経と副交感神経から成り立ち
活動中と休息中の体を、バランス良く保つ働きがあります。

体のバランスとは、人間の臓器や組織を正常に保つということです。
この自律神経が乱れる原因としては
仕事や人間関係からくるストレスやプレッシャー、睡眠や食生活など、様々です。
分かりやすくいうと、心身の活動と、休息のバランスが崩れているということです。

自律神経が乱れた結果、心身の活動期の方がより長くなり
長期にわたる筋肉の緊張によって筋肉は硬く縮み
栄養や酸素が全身に運ばれないことによって、体温の上昇を妨げているのです。
自律神経が乱れるということは、体温の上昇を妨げているということになります。


Share on Facebook