ほうれい線を消す34法則


ほうれい線とは


目元のカラスの足跡と同じくらい、女性が気になるシワというと、ほうれい線です。
鼻の両脇から口元にかけて伸びる、あの八の字のシワです。
うっすらとほうれい線があるだけでも、どことなく老けた印象を与えてしまいます。
→続きはこちらから


ほうれい線は誰にでもある


ほうれい線は、歳をとって急にできるわけではありません。
子供の頃からあるのですが、シワそのものが浅く
肌がみずみずしくハリがある間は目立たないだけです。
→続きはこちらから



真皮とほうれい線


皮膚は、皮下組織の上に真皮があり、その上に表皮、という3つの層で成り立っています。
このうち、表皮は28日周期で古い角質が剥がれ、ターンオーバー
つまり細胞の新陳代謝を繰り返しているわけです。
→続きはこちらから


ほうれい線ができやすい人


ほうれい線に限らず、シワができる原因はさまざまで
それらの原因が複合してシワはでき、深くなっていきます。
ほうれい線の改善には、その原因を取り除けばいいわけですが
→続きはこちらから


ほうれい線と乾燥


シワの大敵は乾燥です。普段なんでもない人でも
冬の乾燥する季節にはちりめんジワができやすくなりますね。
ですから、もともと乾燥肌の人は、ほうれい線もできやすくなります。
→続きはこちらから


ほうれい線と紫外線


加齢とともに新陳代謝が衰え、肌の弾力がなくなりシワができるのは
自然の成り行きといえます。
しかし、加齢より肌を衰えさせるのが紫外線だということは、今や周知の事実です。
→続きはこちらから


ほうれい線と活性酸素


紫外線によってシワが作られるメカニズムを考えてみましょう。
本来真皮内はコラーゲンが張り巡らされ、それをエラスチンがしっかり固定しているため
肌は張りと弾力を保っています。
→続きはこちらから


表情筋の衰え


顔の皮膚の下には、表情筋という筋肉があります。
額から目の周り、鼻、頬、口の周り、顎とその数は30種以上で
これを動かすことで、私たちはさまざまな表情を作っているのです。
→続きはこちらから


表情筋を使わない生活


表情筋が衰える原因の第一は、もちろん加齢かもしれません。
しかし、筋肉は使わないと衰えるものです。
また、鍛えることでより強くなります。
→続きはこちらから


偏った食生活


→続きはこちらから


睡眠不足


午後10時〜午前2時の間は、お肌のゴールデンタイムといわれます。
なぜなら、肌の再生が行われるのはこの時間帯だからです。
肌細胞の順調な生まれ変わりには、自律神経と成長ホルモンが関係しています。
→続きはこちらから


喫煙


タバコは血行を悪くする原因の代表格です。
喫煙の害が叫ばれて久しいですが、喫煙するとタバコのニコチンが血管を収縮させ
血液を固まりやすくして血流を悪化させます。
→続きはこちらから



毎日のスキンケアで乾燥対策


笑わなくてもほうれい線がくっきり目立つようになると、解消には時間がかかります。
ほうれい線はまだ浅いうちにケアをする、つまり予防が大切です。
予防には何といっても、肌を乾燥させないことです。
→続きはこちらから


スキンケアの保湿成分


コラーゲンやヒアルロン酸、セラミド、天然保湿因子(NMF)など
化粧品にはさまざまな保湿成分が配合されていますね。
ただ、これらの成分は真皮にまで浸透することはできません。
→続きはこちらから


ほうれい線対策に良い栄養成分


ほうれい線を予防するには、肌を乾燥から守り、ハリと弾力を保つことが大切です。
そのために必要な栄養素としては、健康な肌を作るビタミンAやB2、B6、C、Eがあります。
→続きはこちらから


EGF


このところ注目を集めている美容成分に、EGFをはじめとする細胞増殖因子があります。
細胞の増殖を促進する物質で、本来私たちの皮膚細胞に存在しているものです。
しかし加齢によってEGFは減少していき、肌の再生力が衰えていくことになります
→続きはこちらから


表情筋を鍛える


ほうれい線が目立つのは、頬の筋肉がたるんで皮下脂肪が口元に垂れてくるからです。
頬の筋肉を鍛えると、その上に乗っている皮下組織をしっかり支えることができ
たるみを解消することができます。
→続きはこちらから


表情筋を柔らかくする


表情筋を鍛えることと矛盾するようですが、筋肉は柔らかくしてあげることも大切です。
筋肉は筋線維の束になっていて、線維の縦方向に収縮します。
しかし、老化してくると線維が細くなり、収縮力が弱まります。
→続きはこちらから


リンパマッサージ


私たちの体を流れるリンパ液には、体内の老廃物を排出してくれる役目があります。
リンパの流れが悪くなると水分や老廃物が滞って、むくみやたるみを引き起こします。
→続きはこちらから


紫外線対策


ほうれい線を作ったり深くしたりする大きな原因に
紫外線による光老化を忘れるわけにはいきません。
紫外線が真皮のコラーゲンやエラスチンを破壊してシワを作ることは
→続きはこちらから


生活習慣を健康的に


毎日夜更かししたり眠りが浅かったりすると、自律神経が乱れたり
成長ホルモンの分泌が十分できません。
そうすると、肌の再生が順調に行われず、ほうれい線が深く刻まれかねません。
→続きはこちらから


新陳代謝アップ


肌に多少のダメージを受けても、新陳代謝が活発であれば
速やかに新しい細胞が生まれてダメージを解消することができます。
ほうれい線をはじめ肌トラブルのほとんどは
→続きはこちらから



超音波美顔器


ほうれい線対策をもっと積極的に、と考えるならば、美顔器もあります。
エステで受けるスキンケアが自宅で行えるということで、人気が高まっています。
最近は、コンパクトで価格面でも手軽に使えるものが増えています。
→続きはこちらから


イオン導入器


人気のイオン導入器は、マイナス電気の反発力によって
美容成分を肌の奥深くに浸透させるものです。
マイナスイオン化された美容成分の入った専用美容液や化粧水を使います。
→続きはこちらから


スチーム美顔器


スチーム美顔器はちょっと見は加湿器です。
しかし、出てくる温められた蒸気はナノサイズの超微粒子の水蒸気で
肌を温めて毛穴を開き、奥の汚れや古い角質を落としやすくします。
→続きはこちらから


美顔ローラー


肌の上を転がすだけで美容効果が得られる
美顔ローラーも各メーカーから多種出回っています。
他の美顔器に比べると抜群の手軽さで、人気を集めています。
→続きはこちらから


フェイシャルエステ


自分でほうれい線のスキンケアを頑張ったり、美顔器を使ってみるほかに
たまにはプロの手でお肌のケアを受けるのもいいでしょう。
やはり使用する美容器具も化粧品も一般のものとは違い
→続きはこちらから


プチ整形


ほうれい線がくっきり刻まれてしまうと、地道なケアで改善するのが困難になってきます。
即効ですっきり解消させたいという場合には
→続きはこちらから


コラーゲンとヒアルロン酸


美容外科で使用するコラーゲンは、ヒト由来とウシ由来のコラーゲンです。
ヒトコラーゲンはアレルギーテストは必要ありませんが
ウシコラーゲンでは約3パーセントの人にアレルギー反応が見られるため
→続きはこちらから


アクアミド


注入成分には、ほかにアクアミドがあります。
欧米では主流のシワ取り方法となっています。
アクアミドは、生理食塩水97.5パーセントにポリアクリルアミド2.5パーセントからなっている
→続きはこちらから


フェイスリフト


ほうれい線の溝が深いだけでなく、頬のたるみがひどい場合には
フェイスリフトという方法があります。
フェイスリフトはプチ整形と違って、メスを使う外科手術となります。
→続きはこちらから


肌の再生医療


フェイスリフトほど直接的・劇的な効果はありませんが
最近話題になっているものに再生医療があります。
根本的なアンチエイジング法として
→続きはこちらから


人相学では


人相学では「法令紋」と呼ばれるほうれい線ですが、法令とは縄張り線ともいわれ
仕事運を見る時の中心となるそうです。
鼻と上唇の間を食禄といい、ここは自分のことで、頬は世間です。
→続きはこちらから


鼻唇溝と人中


ほうれい線のことを、医学的専門用語では「鼻唇溝」というそうです。
しかし、ここで疑問が出てきました。鼻と上唇の間にある溝のことを「人中」といいますね。
→続きはこちらから

Share on Facebook