喫煙

2012-12-11



タバコは血行を悪くする原因の代表格です。
喫煙の害が叫ばれて久しいですが、喫煙するとタバコのニコチンが血管を収縮させ
血液を固まりやすくして血流を悪化させます。
また、タバコから発生する一酸化炭素は、血液のヘモグロビンと結合しますので
皮膚には酸素も栄養も行き渡らなくなります。
また、ニコチンはビタミンCを破壊し、活性酸素を発生させますので
コラーゲンやエラスチンが切断されてシワのもとになります。
活性酸素やタールのせいで色素沈着が起こったり、酸欠で唇が紫色になったり
肌の老化に拍車をかけるのです。

ほかにも、タバコに含まれる有害物質が
女性ホルモンのエストロゲンを減少させることも分かっています。
エストロゲンは、女性らしさを司るホルモンです。
肌の水分を保持して潤いを保ったり
コラーゲンやエラスチンの合成を促進する働きがあります。

タバコを吸うと、血液循環が悪くなり
コラーゲンやエラスチンが破壊され、女性ホルモンの働きが阻害されます。
こうして肌のハリが失われ、ほうれい線を深くすることになるのです。


Share on Facebook