スキンケアの保湿成分

2012-12-11



コラーゲンやヒアルロン酸、セラミド、天然保湿因子(NMF)など
化粧品にはさまざまな保湿成分が配合されていますね。
ただ、これらの成分は真皮にまで浸透することはできません。
ですから、たとえばコラーゲンですが
真皮にもともとあるコラーゲンの代わりになるわけではないのです。
しかし、皮膚表面においては高い保湿効果を発揮してくれる成分なのです。

コラーゲンは肌馴染みもよく、水分子と結合する性質がありますので
しっかり水分を保持してくれます。
また、ヒアルロン酸は1グラムで6リットルもの水分を保持でき、高い保湿効果があります。
これら成分の配合された化粧品を塗ると、長時間肌の水分を保つことが確認されています。
セラミドは、角質細胞同士の間にある細胞間脂質の主要成分で、表皮の基底層で作られます。
角質層のバリア機能や水分保持の働きは、セラミドによるものです。

また、やはり角質層の中にある天然保湿因子(NMF)も
水分を吸収し保持する物質です。肌のターンオーバーの過程で作られる成分ですので
新陳代謝が低下すると減少してしまいます。
現代人は、容易に天然保湿因子を減らしてしまう環境に置かれているようです。


Share on Facebook