表情筋を鍛える

2012-12-11



ほうれい線が目立つのは、頬の筋肉がたるんで皮下脂肪が口元に垂れてくるからです。
頬の筋肉を鍛えると、その上に乗っている皮下組織をしっかり支えることができ
たるみを解消することができます。
ほうれい線に関係する表情筋は、頬や口周りにある大頬骨筋や小頬骨筋、口輪筋、咬筋などです。
あ、い、う、え、おと口を大きく動かして明瞭に発音する
母音発音トレーニングは最も簡単な方法です。
ほかにネットや書籍でも、さまざまな表情筋トレーニングやストレッチが紹介されています。
自分にあったやり方を探して実践してみましょう。

日常で表情筋を鍛えるには、感情表現、特に喜びの表現を豊かにすることが大切です。
しかめっ面はやめて笑顔を意識し、笑う時は大きく口を開けて笑いましょう。
また、ガムを噛むのも口周りの筋肉を鍛えてくれます。
左右交互に噛んで、バランスよく鍛えましょう。


Share on Facebook