紫外線対策

2012-12-11



ほうれい線を作ったり深くしたりする大きな原因に
紫外線による光老化を忘れるわけにはいきません。
紫外線が真皮のコラーゲンやエラスチンを破壊してシワを作ることは
光老化として最近問題視されています。

紫外線は波長の長さによって、A波、B波、C波とに分けられます。
波長の短いC波は最も悪影響を与えるものですが、幸いなことに
オゾン層でほとんどが吸収されてしまいます。
中間のB波は肌の表皮に届き、日焼けを起こします。
B波は肌の真皮にまでは届きませんが、コラーゲンやエラスチンを破壊する酵素を活性化するため
やはりシワの原因となります。

光老化に大きくかかわるのはA波です。
A波は雲や窓ガラスをすり抜けて、肌の真皮にまで到達します。
そしてコラーゲンやエラスチン、そしてこれらを合成する繊維芽細胞にまでダメージを与えるのです。

A波の害は、直射日光を浴びなくても、季節を問わず
屋外でも家の中でも日常生活の中で少しずつ肌を老化させ
ほうれい線を深くしていくのです。
UVカット化粧品や衣服、手袋、帽子、日傘はもちろん、ほうれい線の予防・改善には
A波とB波両方の紫外線対策が必要といえます。


Share on Facebook