肌の再生医療

2012-12-11



フェイスリフトほど直接的・劇的な効果はありませんが
最近話題になっているものに再生医療があります。
根本的なアンチエイジング法として
人工的に肌を作りかえる美容整形とは全く異なるアプローチで
じっくりとほうれい線を改善します。

、 大きく分けて、血小板療法と肌細胞補充療法とがあります。
簡単にいうと、自分自身の細胞をいったん取り出し、活性化させて再び自分に戻すのです。
肌への親和性も高く、副作用なく安全で自然なほうれい線改善方法です。

血小板内には細胞増殖因子が多く含まれており、真皮の線維芽細胞に働きかけます。
採取した血液から血小板を高濃度に含む血漿を作り
さらに活性化させたものをほうれい線に注入します。
効果は3ヶ月〜1年程度と短いのですが、短時間で簡単で
しかも費用も安く受けることができます。

根本的に肌の若返りができるのは、肌細胞補充療法です。
肌細胞補充療法では、自分の皮膚から線維芽細胞を取り出します。
これを1〜2ヶ月かけて自分の血液の中で培養し、大量に増殖させます。
この線維芽細胞を肌に注入します。
効果が出るまで少し時間がかかりますが、自力で肌が再構築され
その効果は半永久的といわれています。


Share on Facebook