人相学では

2012-12-11



人相学では「法令紋」と呼ばれるほうれい線ですが、法令とは縄張り線ともいわれ
仕事運を見る時の中心となるそうです。
鼻と上唇の間を食禄といい、ここは自分のことで、頬は世間です。
つまり、法令は自分と他人や社会との境界線なのです。

人相学においては、この境界線がクッキリしている人は
頑張り屋で自分にも他人にも厳しく、自分のテリトリーをしっかり守る人と判断されます。
仕事を完遂する本物のリーダーには必要な要素だそうです。

法令がないと、自分にも他人にも甘く、一見優しい人に思われます。
また、ここぞという時に自分の意見を言えなかったり、責任をとらず約束を守らず
努力もしないといった傾向が見られるようです。

また法令には色や艶も大切で、仕事が順調で乗っている時の法令は白く艶があるそうです。
反対に仕事が面白くない時は、こげ茶色っぽいといいます。
ほうれい線が気になるという女性は、きっと仕事ができる人なんでしょうね。
あえてほうれい線を消す必要はないのかもしれません。


Share on Facebook