ほうれい線ができやすい人

2012-12-11



ほうれい線に限らず、シワができる原因はさまざまで
それらの原因が複合してシワはでき、深くなっていきます。
ほうれい線の改善には、その原因を取り除けばいいわけですが
中にはもともとほうれい線ができやすいという人がいます。

頭蓋骨は、15種類23個の骨が関節によって連結されています。
顔面の鼻から顎にかけては、鼻骨、涙骨、篩骨、頬骨
上顎骨、下顎骨といった骨で形成されています。
この上に、鼻筋、頬筋、小頬骨筋、大頬骨筋、笑筋
口輪筋、頤(おとがい)筋、頤三角筋、咬筋といった表情筋がついているのです。

顔の骨格や筋肉のつき方は人それぞれです。
顎が華奢で小さい人は、顎の周囲の筋肉やそれに繋がる口の周り
頬の筋肉も華奢で、皮膚を支える力が弱くなります。
そのため、ほうれい線ができやすいといえるのです。
また、上下顎前突という口周りの骨が出っ張っている人も、
口と頬の境界線にシワができやすくなります。
逆に、これを矯正したことによって皮膚がたるんで、ほうれい線ができたという人もいるようです。


Share on Facebook