紫外線

2012-12-11



加齢とともに新陳代謝が衰え、肌の弾力がなくなりシワができるのは
自然の成り行きといえます。
しかし、加齢より肌を衰えさせるのが紫外線だということは、今や周知の事実です。
紫外線が当たるとシワができるのは、皮膚内部に活性酸素が発生し
コラーゲンを破壊して肌のハリと弾力を失わせるからです。

同じ人の肌でも、胸やお腹は白くてスベスベしているのに、手の甲はシミができやすく
色も黒くキメが粗かったりしますね。
このことは、紫外線が肌の老化に深く関係していることを物語っています。

夏だけでなく四季を通じて、年中紫外線対策を怠らないという女性も増えています。
実は、紫外線の恐ろしさは、すぐ表れる日焼けより
一年中浴びることによって徐々に蓄積される光老化だといわれています。
無防備に紫外線を浴び続けた結果が、深く刻まれたほうれい線なのかもしれません。


Share on Facebook