表情筋を使わない生活

2012-12-11



表情筋が衰える原因の第一は、もちろん加齢かもしれません。
しかし、筋肉は使わないと衰えるものです。
また、鍛えることでより強くなります。
日頃あまり表情筋を使わない生活をしていると、やはり筋肉の老化は進むようです。

たとえば、笑ったり話すことが少ない仕事に従事していると
無表情でいる時間が長くなります。
表情筋を使うことが少なく、むっつり顔でいるとさらに口角が下がって
よけいにほうれい線がくっきりしそうです。
頬がたるんで口角が下がる、いわゆるブルドック顔です。

現代はパソコンを使うことが多くなっています。
長時間のパソコン操作は、話すこともなく
無表情どころかしかめっ面になりがちです。
画面に集中して、顔の筋肉が固まっていることもあるでしょう。
こういう生活ですと、若いうちから表情筋が衰えることになりかねません。


Share on Facebook