女性専用!55の育毛のお話


毛髪の構造


髪の毛は、爪と同様に皮膚が角化したもので、18種類のアミノ酸から合成されたケラチンというたんぱく質でできています。
→続きはこちらから


髪が生えるメカニズム


髪の量は個人差がありますが、日本人は平均10万本ほどで、抜け毛は1日100本はあるといわれています。
→続きはこちらから


女性の脱毛種類1


薄毛・抜け毛というと、以前は男性特有の悩みでした。最近女性の薄毛・抜け毛の悩みが急増しているといいます。正常な抜け毛の場合、毛の根元の毛根には膨ら
→続きはこちらから


女性の脱毛種類2


円形脱毛症
一箇所または複数箇所に、円形や帯状に髪の毛がまとまって抜けてしまいます。原因はストレスといわれますが、最近はア
→続きはこちらから


女性ホルモン(脱毛原因)


女性ホルモンのエストロゲン(卵胞ホルモン)は、髪の毛の成長に作用し、コシや艶のある髪を作ります。一方プロゲステロ
→続きはこちらから


産後脱毛と女性ホルモン


ほとんどのお母さんが経験することですが、出産後2、3ヶ月もすると、突然髪の毛が大量に抜けるようになります。
→続きはこちらから


男性ホルモン(脱毛原因)


男性の脱毛・薄毛は、男性ホルモンの過剰が原因だといわれます。だからといって、女性に関係ないわけではありません。女性にも少量で
→続きはこちらから


ストレス(脱毛原因)


女性の抜け毛の悩みが増えているのは、ストレスと密接な関係があるようです。男性も女性もストレス社会に身をおい
→続きはこちらから


睡眠不足(脱毛原因)


髪の毛はたんぱく質で構成されています。そしてたんぱく質の合成には、成長ホルモンが欠かせません。成長ホルモンの
→続きはこちらから


栄養不足(脱毛原因)


髪の毛の主成分はたんぱく質です。たんぱく質はアミノ酸でできていますが、髪の毛には特にシステインというアミノ酸が
→続きはこちらから


血行不良(脱毛原因)


女性には冷え性や貧血の人が多く、そのため血行不良になっています。また、冷暖房完備の生活で汗をかかなく
→続きはこちらから


タバコとお酒(脱毛原因)


タバコの肌への悪影響はよく知られています。髪の毛も皮膚が変化したものですから、当然タバコは
→続きはこちらから


ヘアケア(脱毛原因)


ヘアケアを疎かにする女性は少ないでしょう。しかし、清潔が過ぎてシャンプーをし過ぎたり、洗浄力の強いシャンプーを毎日使う
→続きはこちらから


製品(脱毛原因)


また、シャンプーやトリートメントなどに含まれる香料や着色料、界面活性剤などの人工合成化合物が、頭皮や
→続きはこちらから


栄養素


髪の毛に限らず、体を作るにはバランスの良い栄養素が必要です。これ一つ食べていれば髪の毛は育つ、というものはありません。基本は、炭水化物・脂肪・たんぱく質・ビタミン・ミネラル
→続きはこちらから


タンパク質(育毛栄養)


中でも髪の毛の材料となるたんぱく質は、最も重要な栄養素といえます。良質なたんぱく質としては肉や魚、卵、乳製品、大豆製品などがあります。動物性脂肪は過剰になると血液
→続きはこちらから


システインとメチオニン(育毛栄養)


髪の毛は、主にケラチンというたんぱく質でできています。ケラチンは18種類のアミノ酸で構成されており、中でも最も多いアミノ酸はシステインで、全体の16パーセ
→続きはこちらから


ビタミン(育毛栄養)


髪の毛の材料であるたんぱく質が作られるためには、ビタミンB群が不可欠です。ビタミンB1、B2、B3は頭皮環境を整え、ビタミンB5は髪の生成に関わる酵素の働きを助けます。
→続きはこちらから


ミネラル(育毛栄養)


亜鉛は、髪の主成分のケラチンの合成に不可欠です。また、体内の全ての生体活動に関わる酵素は、亜鉛がないと働くことができません。亜鉛はクエン酸と一緒に摂ると、吸収が良く
→続きはこちらから




その他の栄養素1


GABA(ギャバ)
GABAとはガンマ・アミノ酪酸のことで、発芽玄米などに多く含まれています。脳の中枢神経にある神経伝達物質で、ストレスや睡眠によい効果をもたらし、IGF-1を増やす
→続きはこちらから


その他の栄養素2


食物繊維
イヌリンなどの食物繊維は、脂肪やコレステロールを取り込んで排泄し、血液を浄化して血行を促進します。また、髪の中心となる毛髄質の主成分であり、IGF-1を増や
→続きはこちらから


IGFを増やす食べ物


私たちの体には、各組織の細胞分裂を促進するさまざまな成長因子があります。EGF、FGF、中でもIGF(インシュリン様成長因子)は、髪の成長に欠かせない成長因子です。
→続きはこちらから


カプサイシンとイソフラボン


IGF-1を増やすためには、カプサイシンとイソフラボンを一緒に摂取すると効果的という説が注目を集めています。
→続きはこちらから


育毛に必要なこと


抜け毛を予防し、発毛・育毛を促進するためには、まず抜け毛の原因を知ることが大切です。原因は単独ではなく、いくつかが絡み合っていることが多いようです。原因を踏まえると、抜け毛対策に考えるべき要素は
→続きはこちらから


食生活(育毛法)


髪の毛が生えて育つためには、もとになる栄養が十分あることが前提になります。栄養なくして抜け毛対策などあり得ません。髪の毛のためには、極端な食事制限などの過
→続きはこちらから


生活習慣(育毛法)


栄養が十分あっても、頭皮の血液の流れが悪くては、毛母細胞に十分な栄養を届けることができません。血液をキレイにし血管を拡張して血行を促進するには、生活習慣
→続きはこちらから


ストレス解消(育毛法)


ストレスは抜け毛・薄毛の大きな原因です。現代人に毛髪の悩みが増えているのは、現代特有のストレス社会と無縁ではありません。ストレスの悪影響を減らすには、溜めな
→続きはこちらから


頭皮マッサージ


抜け毛対策には、頭皮マッサージが非常に有効です。頭皮を揉むことで血行が促進され、毛髪を支えている立毛筋を鍛えて、コシのある髪の毛を育てます。
→続きはこちらから


ヘッドスパ


頭には、毛髪だけでなく全身の健康に関わるツボがたくさんあります。ヘッドスパでは、心身をリラックスさせながら、プロの手で頭皮とヘアのケアを受け
→続きはこちらから


育毛サロン


育毛剤のメーカーなどが展開しているサロンで、頭皮や毛髪状態に合わせて、育毛剤を使用しながら育毛を行います。自宅へのスタッフ派遣制度もあり、ネット上で資料請
→続きはこちらから


シャンプー方法


家でのシャンプーの仕方も大切です。洗い過ぎはかえって皮脂の分泌を増やし、脱毛の原因となることを忘れないようにしましょう。液状のシャンプー剤はそのまま頭につ
→続きはこちらから


頭皮洗浄器


健康な毛髪は健康な頭皮から、ということで、頭皮を清潔に保つことは非常に重要です。毛穴の皮脂汚れはキチンと落としたいものですが、自宅でのシャンプーだけ
→続きはこちらから


シャンプー剤


髪の毛を美しく育てるつもりのヘアケア製品が、実は抜け毛の原因だったということもあります。カラーリングやパーマなどは髪や頭皮に大きな負担をかけていますし、シャンプ
→続きはこちらから


育毛シャンプー1


育毛剤と並んで、抜け毛を予防し育毛を促すシャンプーも、多く出回っています。パラベンや防腐剤、合成着色料、合成香料などの合成化合物無添加の、アミノ酸
→続きはこちらから


育毛シャンプー2


花しゃん
特徴は、乳酸パワーで頭皮環境を整えるといことで、活性ポリ乳酸という成分が配合されています。。水道水のカルシウムと頭皮の皮脂が結合すると、脂肪酸カル
→続きはこちらから


育毛シャンプー3


スカルプDボーテ
頭髪治療専門家の臨床実績から生まれたシャンプーで、乱れたヘアサイクルを改善するには、頭皮環境を整えることが重要であるというコンセプトに基づいて
→続きはこちらから


育毛シャンプー4


レバティ オールマイティシャンプー(ランキングサイト掲載なし)
皮膚医学に基づいて
→続きはこちらから


育毛剤のタイプ


抜け毛予防から一歩進んで、髪を生えさせて育てる積極的な方法として、発毛・育毛剤の使用があります。育毛剤には、頭皮に直接塗布する外用タイプと、内服タイプとあります。ほかに、育毛シャンプーやトリートメントがありますが、これらは育毛剤の効果を高めるために、頭皮環境を整えるものと考えた
→続きはこちらから


育毛成分の種類


育毛剤の有効成分には、主に以下のような6つの種類があります。ほとんどの育毛剤は、これらの有効成分を複数組み合わせた構成になっています。
1.頭皮の血行を促
→続きはこちらから


育毛成分の働き1


育毛剤に配合されている育毛成分には、どんな作用があるのでしょうか。育毛剤選びの参考に、代表的なものを挙げてみます。
血管を拡張して血行を促進する作用
センブリ、ニン
→続きはこちらから



育毛成分の働き2


抗炎症作用
グリチルリチン酸ジカリウム、塩酸ジフェンヒドラミン、アラントイン、エビネ、ユーカリ、トウガラシ、チンピ、オウゴン、ビワ葉→続きはこちらから


5αリダクターゼを抑制する成分


女性でも、女性ホルモンが減少して男性ホルモンが優位になると、男性型脱毛が起こる場合があります。5αリダクターゼという酵素が男性ホルモンのテストステロンに働きかけて、脱毛ホルモンのジヒドロテストステロンが作られるからです。
→続きはこちらから


ミノキシジルについて


ミノキシジルは、男性型脱毛症の改善に効果が高いとして人気があります。血行を促進して毛母細胞や毛乳頭を活性化するほかに、5αリダクターゼをブロックする作用があるからです。外用の育毛剤と内服薬とがあり、医師の処方が基本ですが、低濃度のものも市販されています。
→続きはこちらから


育毛剤使用時の注意点


自分に合った育毛剤を使用しても、効果が出ない場合があります。その理由の一つに、頭皮状態が悪いことが挙げられます。抜け毛があって、頭皮が赤くなっている、つまり炎症を起こしていたら、まず炎症の手当てが優先です。痛んだ頭皮では有効成分が浸透しないばかりか、炎症が悪化しかねません。
→続きはこちらから


外用育毛剤1


数ある育毛剤の中で、人気の高いものを挙げてみます。
リィジュ
女性用の育毛剤で、商品名は「昔の私を取り戻す」という意味のフランス語です。保湿効
→続きはこちらから


外用育毛剤2


アロエ育毛トニック
製薬会社の育毛剤で、男女共用です。保湿力の高いアロエエキスを主体に、ヒノキチオールやセンブリエキス、グリチルリチン酸配合で、血行を促進し栄養を与えます。
→続きはこちらから


外用育毛剤3


ポリピュア
特許成分のバイオポリリン酸が主成分です。毛根への発毛命令は、あるたんぱく質を介して毛乳頭へ伝えられます。このたんぱく質は通常4~5時間しか働けないのです
→続きはこちらから


外用育毛剤4


ナノインパクトレディ(ダブルテラレディ)
特徴は、有効成分がナノ化されていることです。高い浸透力があり、しかも効果が10時間も持続します。ローションとパウダーのダブル使い
→続きはこちらから


外用育毛剤5


花蘭咲(からんさ)(ランキングサイト掲載なし)
特許成分のエビネエキスは、蘭の1種エビネの球根から抽出したもので、頭皮の血行促進などの育毛作用があり
→続きはこちらから


外用育毛剤6


マイナチュレ(ランキングサイト掲載なし)
北海道ミツイシコンブを主成分とした、女性用育毛剤です。17種の植物成分や
→続きはこちらから


外用育毛剤7


ラサーナ海藻ヘアエッセンス(ランキングサイト掲載なし)
ラミナリアディギタータ、ジャイアントケルプ、ガゴメ昆布などの高級な海藻成分を含む11種の海
→続きはこちらから


外用育毛剤8


ローヤルヘアー(ランキングサイト掲載なし)
ローヤルゼリーやセンブリ、ニンジン、アロエエキス配合で、血行促進や保湿効果
→続きはこちらから


育毛サプリ1


凌駕(ランキングサイト掲載なし)
馬プラセンタを主成分として、ニンジンや大豆イソフラボンなど配合のサプリメントです。プラ
→続きはこちらから


育毛サプリ2


Hatto(ランキングサイト掲載なし)
健康な髪は健康が体から、というコンセプトで、体作りのためのサプリメントと、育毛のためのサプリメントの2種類がセットにな
→続きはこちらから


育毛サプリ3


イースト(ランキングサイト掲載なし)
必須アミノ酸、ビタミンB群、銅、セレンなど、毛髪に必要な栄養成分が凝縮された育毛サプリメン
→続きはこちらから

Share on Facebook