脱毛の原因:タバコとアルコール

2012-12-11



タバコの肌への悪影響はよく知られています。髪の毛も皮膚が変化したものですから、当然タバコは髪にもいいはずがありません。

タバコのニコチンには、血管を縮めて血行を悪くする作用があります。また、血液中のヘモグロビンが酸素と結合するのを妨害します。このため、喫煙の血行阻害作用は非常に大きく、薄毛を引き起こすことになるのです。

あまり指摘されることはないようですが、アルコールも抜け毛と関係があります。適量であればむしろ血行を促進してくれるアルコールですが、過度になると抜け毛の原因となります。

髪の毛の成長に必要な栄養素を作るのは、肝臓です。過剰なアルコールは、肝臓の解毒機能をフル回転させて肝臓を疲れさせます。その結果、肝臓の栄養を作る働きが低下して、抜け毛を招くことになるのです。


Share on Facebook