脱毛の原因:ヘアケア方法

2012-12-11



ヘアケアを疎かにする女性は少ないでしょう。しかし、清潔が過ぎてシャンプーをし過ぎたり、洗浄力の強いシャンプーを毎日使うのは逆効果です。お肌と同じで、頭皮の皮脂を必要以上にとり過ぎると、かえって皮脂分泌を過剰にします。

これは体の防御システムで、皮膚が乾燥しすぎると、皮脂をたくさん分泌して内部の水分蒸発を防ごうとするからです。このため、過剰になった皮脂が毛穴を塞ぎ、髪の成長を妨げます。

朝シャンは、皮脂膜というバリアのない状態で、頭皮を紫外線や外気の刺激にさらすことになります。また不十分なすすぎで、シャンプー成分を頭皮に残ったままにすると、毛穴を詰まらせる原因になります。

さらに、ブラッシングやドライヤーの影響もあります。強いブラッシングや先の尖ったブラシは、頭皮や髪を傷つけます。ナイロン製のブラシで生じた静電気も、頭皮や髪にダメージを与えます。

高温のドライヤーで一気に髪を乾かそうとすると、熱で頭皮や髪を傷めたり、水分を奪って乾燥させます。これらのことは全て、薄毛の原因になります。


Share on Facebook