シャンプー方法

2012-12-11



家でのシャンプーの仕方も大切です。洗い過ぎはかえって皮脂の分泌を増やし、脱毛の原因となることを忘れないようにしましょう。液状のシャンプー剤はそのまま頭につけずに、お湯で泡立ててから使います。洗い方は、指の腹で地肌をマッサージするように優しく洗います。

シャンプーの成分が残っていると、頭皮にも髪にもよくありません。すすぎは十二分に行いましょう。意外に間違った使い方をしているのが、リンスやトリートメントです。成分が頭皮には残らないよう、よく洗い流すことが大切です。

髪を乾かす時は、最初にタオルで叩くようにして、よく水分を拭き取りましょう。そうすれば、ドライヤーにあてる時間を少なくできます。高温は避け、根元から先に髪を広げながら乾かしていきます。一点集中でなく全体に風をあてながら、ゆっくり時間をかけて乾燥させます。

高温にさらすと、キューティクルが傷んだり髪の毛のたんぱく質が失われます。ですから、本来は自然乾燥がいいのですが、濡れた状態で放置すると、雑菌が繁殖しやすかったり、開いたキューティクルが剥がれやすくなり、髪にも頭皮にもよくありません。


Share on Facebook