シャンプー剤

2012-12-11



髪の毛を美しく育てるつもりのヘアケア製品が、実は抜け毛の原因だったということもあります。カラーリングやパーマなどは髪や頭皮に大きな負担をかけていますし、シャンプーやトリートメントにも問題が潜んでいます。抜け毛予防にはシャンプー選びが大切です。

一般的なのがアルコール系シャンプーです。泡立ちや使い心地がよく、愛用者が最も多いようです。しかし洗浄力が強い分、必要以上に皮脂を落としてしまい、頭皮を乾燥させて皮脂分泌を増やしがちです。毛穴を塞いで炎症を起こすと、毛根にまでダメージを与え抜け毛を起こしやすくなります。

アルコール系より刺激が弱いのに洗浄力もあるのが、アルカリ性の石鹸系シャンプーです。しかし、洗い上がりの髪がきしんだりゴワつくという欠点があり、使い心地のよさを求める人には向かないかもしれません。

最も低刺激なものは、アミノ酸系シャンプーです。アミノ酸系はアミノ酸を洗浄成分としており、弱酸性で皮脂も取り過ぎず、髪にも頭皮にも優しいシャンプーといわれています。

人気の育毛シャンプーのほとんどが、アミノ酸系です。アミノ酸系の洗浄成分は生分解性にも優れ、環境にも優しいのです。

Share on Facebook