脱毛の原因:女性ホルモン

2012-12-11



女性ホルモンのエストロゲン(卵胞ホルモン)は、髪の毛の成長に作用し、コシや艶のある髪を作ります。一方プロゲステロン(黄体ホルモン)は、ヘアサイクルの成長期を持続させる作用があります。女性が髪を長く伸ばせるのはプロゲステロンの働きなのです。女性ホルモンに支障が出ると、髪が細くなったり抜け毛が増えたりすることになります。

女性には、初潮・妊娠・出産・閉経という体の大きな変化があります。そのたびに、女性ホルモンの大きな変動の影響を受けるのです。妊娠・出産期や女性ホルモンが減少する更年期には、ヘアサイクルにも乱れが起こります。歳とともに肌のターンオーバーが遅くなるように、ヘアサイクルも衰えてくるのは避けられません。

また、ホルモンはストレスによってバランスを崩すことがあります。現代人に多い精神的なストレスや疲労、睡眠不足など、気づかないうちにホルモンバランスを崩し、女性ホルモンの減少を招いていることが多いようです。

Share on Facebook