産後脱毛と女性ホルモン

2012-12-11



ほとんどのお母さんが経験することですが、出産後2、3ヶ月もすると、突然髪の毛が大量に抜けるようになります。これは、女性ホルモンの働きによって起こります。

妊娠中はプロゲステロンが大幅に増え、ヘアサイクルの成長期が伸びるため、髪の毛が抜けにくくなります。妊娠中は抜ける時期の毛が残るため、髪の量が増えるほどです。

ところが出産後、プロゲステロンの分泌が正常値に戻るため、本来抜けるはずだった毛が一気に抜け始めます。このため、一時的に髪の毛が薄くなってしまうのです。しかし、抜けるべき毛が抜けただけですから、当たり前のことなのです。

産後脱毛は6ヶ月ほど続いた後、1年もすると正常に戻ります。妊娠や出産のストレスや疲労がとれていないと、なかなか抜け毛が回復せず、びまん型脱毛に進行することもありますので、気をつけたいところです。


Share on Facebook