脱毛の原因:ストレス

2012-12-11



女性の抜け毛の悩みが増えているのは、ストレスと密接な関係があるようです。男性も女性もストレス社会に身をおいているのは同じですが、女性のストレスはさまざまな側面からやってきます。

仕事をもつ女性は、男性と対等に働くプレッシャー、仕事の責任や人間関係、恋愛の悩み、家庭を持っていれば家事や育児もあります。専業主婦であれば、社会との隔絶感や子育て、嫁姑の問題があるかもしれません。

精神的ストレスや肉体的ストレスを抱え続けていると、自律神経のバランスが崩れます。交感神経が緊張しっぱなしになって、血管を収縮させて血行を阻害します。血流が悪くなると酸素や栄養が毛根に届きにくくなり、髪が細くなってやがて抜け毛へと発展するのです。

自律神経の乱れは、同じ脳下垂体にあるホルモン中枢に影響し、女性ホルモン分泌を狂わせ、薄毛や脱毛を引き起こします。妊娠や更年期などのホルモンバランスが崩れる時期には、ストレスは特に影響が大きくなります。

ストレスの典型的な例が円形脱毛症です。円形脱毛症は6割かた自然に治るといわれますが、慢性的にストレスが続くと治癒しないばかりか、びまん型脱毛症も引き起こします。

Share on Facebook