乾燥肌からもっちり美肌に


乾燥肌とは


乾燥肌とは、水分が減少して、カサカサになった状態の肌ことです。
肌質を大きく分けると、乾燥(ドライ)肌、普通(ノーマル)肌
脂性(オイリー)肌、混合肌(ドライ&オイリー)の4タイプが一般的のようです。
→続きはこちらから


皮脂膜


私たちの肌にはもともと、潤いを保つ仕組みができています。
表皮の角質層には、潤い保持のための3つの成分
皮脂膜とセラミド、天然保湿因子(NMF)が存在しています。
→続きはこちらから


セラミド


乾燥肌は水分が蒸発しやすい状態になっています。
乾燥肌の人の皮膚表面は、どのようになっているのでしょうか。
肌の角質層では、角質細胞がレンガのように層になって積み重なり
→続きはこちらから


天然保湿因子(NMF)


セラミドのほかにも、肌が本来もっている水分保持の成分に
天然保湿因子(NMF:Natural Moisturizing Factor)があります。
角質細胞に存在し、主要成分は、アミノ酸、ピロリドンカルボン酸
→続きはこちらから


乾燥肌になるメカニズム


正常な肌は潤っています。0.02mmの薄い角質層に
水分と脂分がバランスよく保持されています。
水分を十分含んだ角質は、層状に整列して、キメの整った表皮を構成しています。
→続きはこちらから


老人性乾燥肌


歳をとると角質層の天然保湿因子やセラミドが減少し
また皮脂の分泌も減ってきて、肌が乾燥しやすくなります。
一般的な乾燥肌のほかに、このような加齢による乾燥肌を、老人性乾燥肌と呼びます
→続きはこちらから


幼児性乾燥肌


瑞々しい弾力のある赤ちゃんの肌は、実は乾燥しやすいのです。
赤ちゃんの角質層は、大人の半分の厚さしかありませんので、水分保持能力が弱いのです。
→続きはこちらから



乾燥肌の原因


乾燥肌の原因は、大きく分けると先天的・遺伝的なものと、後天的なものがあります。
後天的な要因には、まず加齢があります。
歳を重ねるとともに、肌本来の水分保持力は低下していきます。
→続きはこちらから


加齢による乾燥


加齢とともに肌は老化し、乾燥が進んでいきます。
歳を重ねるにつれ、肌のヒアルロン酸やコラーゲンの生成能力が落ちていき
肌の弾力と瑞々しさは衰えてしまいます。
→続きはこちらから


外環境による乾燥


気温が下がって空気中の湿度が低下する季節には、肌は乾燥してきます。
しかし乾燥の原因は、単に季節のせいだけではないようです。
現代はエアコンの普及によって、オフィスでも家庭でも、外出先においても
→続きはこちらから


生活習慣による乾燥


健康な肌は、正常なターンオーバーによって作られます。
新陳代謝が活発だと肌の再生が順調に行われ、天然保湿因子やセラミド
コラーゲンやヒアルロン酸が速やかに生成され、肌の潤いが保たれます。
→続きはこちらから


間違ったスキンケア


スキンケアに熱心な人ほど、乾燥肌になることが多いようです。
それは間違った洗顔によって、皮脂や角質を落としすぎてしまうからです。
→続きはこちらから


紫外線による乾燥


以前は、紫外線対策は日焼けやシミ予防に必要で、乾燥肌にはあまり関係ないと考えがちでした。
しかし、今や乾燥肌の予防・改善にこそ、紫外線対策が不可欠だという考えが浸透しています。
→続きはこちらから


肌のうるおいは美肌の基本


乾燥肌は、肌がカサつく、荒れる、お化粧のりが悪いという症状のうちは
比較的軽く見られがちです。
しかし、乾燥肌が慢性化すると、シワやたるみ、そして敏感肌を引き起こし
→続きはこちらから


環境対策


冬は最も肌が乾燥する季節です。
冬は空気の乾燥と気温の低下で、乾燥肌にとってはダブルパンチです。
気温が下がると血行が悪くなり、新陳代謝が低下して肌の水分保持力が落ちてしまいます。
→続きはこちらから


紫外線対策


紫外線にはA波、B波、C波とありますが
C波はオゾン層で吸収されてしまい、ほとんど地上には届きません。
私たちの肌に影響を与えるのは、A波とB波です。
→続きはこちらから


生活習慣の改善


細胞は食事から摂る栄養素から作られます。
ですから当然ながら、潤いのある健康な肌は、バランスの良い食事が基本です。
肌細胞を作るたんぱく質、肌の乾燥を防ぐビタミンAやB群の豊富なレバー
→続きはこちらから


乾燥肌に良い栄養素


乾燥肌の人が摂りたい栄養素はまず、お肌のビタミンといわれるビタミンAです。
真皮のコラーゲンやヒアルロン酸、エラスチンの生成を促進し
肌のターンオーバーを正常に保ち、メラニンの過剰生成を抑制したりします。
→続きはこちらから


血行をよくする


最近増えている低体温症や女性に多い冷え性は
血液循環が悪いため、乾燥しやすい肌を作ります。
血液が肌細胞に栄養や酸素を届けたり、細胞の老廃物を運び出すことが十分できないからです。
→続きはこちらから


スキンケアで防ぐ


洗顔のしすぎで乾燥肌になっている人が多いといいます。
洗顔の役目は、必要な水分や脂分はきちんと残しながら
皮脂汚れや古い角質を落とすことです。
→続きはこちらから


保湿化粧品


湿化粧品には、機能の高いものを選びたいものですね。
各化粧品メーカーが、保湿成分の種類や組み合わせを工夫し
優れた保湿化粧品を販売しています。
→続きはこちらから



保湿成分:セラミド


最近注目度の高いセラミドは、厚さ0.02mmの角質層にあって
水分を閉じ込めて逃さない働きをしています。
歳をとったり冬の乾燥した季節には、誰でもセラミドは減少します。
→続きはこちらから


保湿成分:セリシン


繭玉マッサージという美容法が人気です。
繭玉でお肌をマッサージすると、しっとりツルツルのお肌になるのです。
その理由は、セリシンという成分にありました。
→続きはこちらから


保湿成分:シャンパン酵母


シャンパンはワインを二次発酵させてできます。
この二次発酵に使われるのがサッカロミセスバヤヌスという酵母で
シャンパン酵母とも呼ばれています。
→続きはこちらから


保湿成分:ヒアルロン酸


1グラムで6リットルもの水分を含むことで
誰もが知っている保湿成分です。
赤ちゃんの瑞々しい肌のもとで
→続きはこちらから


保湿成分:コラーゲン


美肌成分の代表格のコラーゲンは
肌のハリと弾力を生み出す重要な成分です。
→続きはこちらから


保湿成分:プロテオグリカン


皮膚だけでなく軟骨や骨、血管に存在する成分です。
コラーゲン線維の間にあり、水分や栄養素を蓄える保水力と
→続きはこちらから


保湿成分:リピジュア


細胞膜を構成するリン脂質をもとに開発された成分で
リピジュアという名称は商標登録されています。
→続きはこちらから


保湿成分:天然保湿因子


本来肌に存在する保湿成分で
これが十分にあれば肌は水分をしっかり抱え込んで潤っています。
→続きはこちらから


保湿成分:アミノ酸


たんぱく質でできている細胞のもとは、アミノ酸です。
乾燥肌の人の角質は、アミノ酸が不足しているそうです。
→続きはこちらから


保湿成分:女性ホルモン


女性ホルモンのエストロゲンには
肌に潤いを与える働きがあります。
→続きはこちらから


保湿成分:SK=Ⅱピテラ


SK-IIピテラは、造り酒屋の杜氏さんの手が美しいことから
美肌と酵母との関係を研究して発見された成分です。
→続きはこちらから


保湿成分:ライスパワーエキス


昔から、お米のとぎ汁で洗顔したり
米ぬかでパックしたりするスキンケアがあります。
→続きはこちらから


保湿成分:植物成分


この頃増えているのが
トウキ、ハトムギ、クララエキス、モモノハエキス、珊瑚草、ユズ、ハス根水
→続きはこちらから


保湿成分:シルクエキス


シルク繊維から抽出した溶液で
主成分はアミノ酸のグリシンとアラニンです。
→続きはこちらから


保湿成分:ラミナリアA


角質細胞どうしの密着を高めて隙間をなくすことによって
→続きはこちらから


保湿成分:炭酸ガス


保湿成分ではないのですが
炭酸ガスによって保湿効果を高める
美容法が人気になっています。
→続きはこちらから



マッサージ効果


顔のマッサージは、血行を促進し、新陳代謝を活性化します。
古い角質が剥がれ落ちるリズムが整うと、健全な角質層ができ
本来ある肌の保湿機能やバリア機能が蘇るのです。
→続きはこちらから


美顔器


スキンケア以外で、自分で手軽にできるホームケアには美顔器がありますね。
最近は機能も豊富になり、サイズもコンパクトで
いわゆるコロコロ転がすだけというローラー美顔器も多種、人気を集めているようです。
→続きはこちらから


フェイシャルエステ


エステサロンには、プロ仕様の美顔のための機器や化粧品
そして美容のプロの知識とハンドテクニックがあります。
料金的に頻繁に通うのは難しいとしても
→続きはこちらから


TゾーンとUゾーン


自分の肌質を知ることは、スキンケアのためには大事なことです。
また、季節や食生活、生活習慣によって、肌質はよく変わります。
→続きはこちらから


隠れ乾燥肌


大人ニキビ、よくありますね。 原因は過剰な皮脂が毛穴に詰まることで、思春期のニキビと同じです。
しかし、大人ニキビの場合、どうして皮脂が過剰になるのでしょうか。
→続きはこちらから

Share on Facebook