間違ったスキンケア

2012-12-11



スキンケアに熱心な人ほど、乾燥肌になることが多いようです。
それは間違った洗顔によって、皮脂や角質を落としすぎてしまうからです。

もちろん、皮脂の汚れや古い角質はきちんと落とさなければなりません。
しかし、同時に皮脂や角質には、天然の保湿成分が含まれているのです。
皮脂は肌内の水分の発散を防ぎ、外気の乾燥から守る働きをしています。
角質には、天然保湿因子やセラミドがあって、肌の水分を保っています。

洗顔のし過ぎで、残すべき皮脂や角質まで剥ぎ落としてしまったり
ゴシゴシ洗いで、角質を傷つけてしまう人が多いといいます。
そうすると、本来の乾燥に対するバリア機能が働かなくなりますので
わざわざ乾燥肌を作ってしまうことになるのです。

また、過度なクレンジングやマッサージ、ピーリングも、摩擦の刺激によって角質を傷つけます。
このため、肌のターンオーバーのスピードを速め
水分保持力が弱い未熟な角質を作り出して、乾燥肌を作ります。


Share on Facebook