紫外線対策

2012-12-11



紫外線にはA波、B波、C波とありますが
C波はオゾン層で吸収されてしまい、ほとんど地上には届きません。
私たちの肌に影響を与えるのは、A波とB波です。
B波は表皮に日焼けを起こしますが、雲やガラスでさえぎられますので、曇りの日や屋内では安心です。

最近、光老化として問題視されているのはA波で
雲やガラスも突き抜けて肌の真皮にまで届き、肌細胞にダメージを与えます。
しかもA波は、コラーゲンを作る線維芽細胞を傷つけたり
コラーゲンそのものを破壊します。

潤った角質層には、紫外線を反射したり
角質層内の天然保湿因子やセラミドによって紫外線を吸収したりする力があります。
ですから、紫外線予防には肌の潤いが必要であり
肌の潤いには紫外線予防が必要ということになります。

外出時のUVカット化粧品はもちろん、日傘、帽子、手袋の着用を心掛けましょう。
また、屋外での家事は紫外線が強い日中の時間帯を避ける
屋内でも窓の傍で長時間過ごさないなど、生活スタイルも工夫しましょう。
UVカット化粧品は、こまめに塗りなおすのが、効果的な紫外線カットのコツです。
また、肌に負担をかける紫外線吸収剤は避けたほうがいいでしょう。


Share on Facebook