皮脂膜

2012-12-11



私たちの肌にはもともと、潤いを保つ仕組みができています。
表皮の角質層には、潤い保持のための3つの成分
皮脂膜とセラミド、天然保湿因子(NMF)が存在しています。

皮膚の最も外側にある皮脂膜は、天然のクリームといわれ
肌を保護すると同時に肌を滑らかにする役割をもっています。
皮脂膜は、汗腺や皮脂腺から分泌される汗と皮脂
そして水分が、アミノ酸などで乳化されてできます。

皮脂膜は弱酸性となっており、外部からのアルカリ成分を中和し
細菌などの繁殖を防ぎます。
皮脂膜は外部の有害物質や乾燥をシャットアウトし
また肌内部の水分が外に蒸散しないように守っているのです。

皮脂の分泌が少ないと、肌が乾燥しカサついたりゴワついたりして
バリア機能も弱まります。
逆に皮脂が多すぎると、ベタつくだけでなく皮脂が酸化して肌を刺激し
炎症を起こしたりニキビの原因にもなります。
皮脂量のバラ調整が大切になってきます。


Share on Facebook