スキンケア

2012-12-11



洗顔のしすぎで乾燥肌になっている人が多いといいます。
洗顔の役目は、必要な水分や脂分はきちんと残しながら
皮脂汚れや古い角質を落とすことです。
洗顔、化粧水、クリームの順で、正しいスキンケアを行いましょう。

洗顔料や石鹸のたっぷりの泡で、こすらないように優しく洗います。
大切なのはすすぎです。石鹸分が残らないよう、最後は流し洗いで十分すすぎます。
洗顔はぬるま湯が鉄則です。熱いお湯は皮脂を落としすぎ、冷水は毛穴が閉じて汚れが十分落ちません。

洗顔後の肌がしっとりしているうちに化粧水をつけ
十分化粧水が浸透した後、乳液やクリームをつけます。
化粧水で潤った肌の水分を、クリームの油分で蓋をして逃がさないようにするのです。

スキンケア化粧品で気をつけたいのは、界面活性剤や防腐剤などの合成化学成分は
肌に刺激を与えて乾燥肌を招くこともあるということです。
保湿成分を吟味するほかに、化学物質の成分にも注意をすることが大切です。

Share on Facebook