保湿化粧品

2012-12-11



湿化粧品には、機能の高いものを選びたいものですね。
各化粧品メーカーが、保湿成分の種類や組み合わせを工夫し
優れた保湿化粧品を販売しています。

保湿成分は、製品の水分蒸発を防ぐと共に、皮膚表面の水分保持の目的で配合されます。
天然保湿因子(NMF)や皮脂膜の水分保持力が衰えた場合に
保湿成分を補うことはスキンケア化粧品の大切な役目なのです。

保湿成分は通常、生体成分と同じか類似の成分です。
天然保湿因子を構成するアミノ酸、ピロリドンカルボン酸
乳酸、プラセンタエキス、ムチン、キチンキトサンのほか
ビフィズス菌や酵母の代謝物も保湿成分としてよく配合されます。
アクアライザーEJは、NMFに最も近い合成保湿成分です。

セラミドやレシチンは、水分を包み込んで逃がさない保湿成分です。
ヒアルロン酸やコラーゲン、エラスチンは、それ自体が水分を含んで保湿します。
吸湿性によって保湿するのが、天然保湿因子やグリセリン、プロピレングリコール
ブチレングリコールなどで、これらは古くから用いられている保湿成分です。
ツバキ油、ホホバ油、ミンクオイル、スクアランオイル、ワセリンなどは
油分で水分を閉じ込めます。


Share on Facebook