天然保湿因子(NMF)

2012-12-11



セラミドのほかにも、肌が本来もっている水分保持の成分に
天然保湿因子(NMF:Natural Moisturizing Factor)があります。
角質細胞に存在し、主要成分は、アミノ酸、ピロリドンカルボン酸
乳酸塩、尿素、ミネラルなどで、これらには全て水分を抱え込む性質があります。

天然保湿因子の主要成分は、肌のターンオーバーの過程で作られますので
加齢や不摂生などで新陳代謝が衰えてくると
天然保湿因子も減少し、肌の乾燥を招くようになります。

セラミドも天然保湿因子も、水に馴染みやすい成分です。
熱いお湯や洗顔のし過ぎなどで、皮脂膜を必要以上に洗い流してしまうと
セラミドや天然保湿因子はたやすく流出してしまいます。長時間の保湿パックも要注意。
やはり、水溶性の天然保湿因子がパックに吸い取られてしまいます。

セラミドや天然保湿因子が減少し水分が奪われると
角質細胞はしぼんでいき弾力が失われていきます。
カサカサになって亀裂ができ、やがてちりめんジワや小ジワへと発展していきます。


Share on Facebook