乾燥肌の原因

2012-12-11



乾燥肌の原因は、大きく分けると先天的・遺伝的なものと、後天的なものがあります。
後天的な要因には、まず加齢があります。
歳を重ねるとともに、肌本来の水分保持力は低下していきます。

自然環境も乾燥の原因です。冬になると普通肌の人でもカサカサ感を感じるように
外気温が下がると湿度が低下し、空気中の水分が減少します。
冬は屋内でも暖房で乾燥しますし、夏は夏で冷房による乾燥にさらされます。

避けられない自然環境のほかに、私たちは乾燥の原因を自ら作っている部分もあります。
偏った食事や不規則な生活、睡眠不足、過労やストレスといった生活習慣によって
乾燥肌を招いていることが、現代は多くなっていますね。

さらに、間違ったスキンケアも原因の一つに挙げられます。
美しくなろうとする努力が裏目に出て、刺激の強い成分のスキンケア化粧品や
洗顔のし過ぎが原因で、肌の乾燥を招いている人が意外と多いのです。

また、美肌の大敵である紫外線が肌に与える害は、シミだけではありません。
紫外線は肌の表皮に作用して、水分保持の機能を衰えさせます。
さらに真皮細胞にもダメージを与えて、長い間には肌細胞を老化させ、潤いを保てない肌を作ります。


Share on Facebook