コラーゲンの効果37項目


タンパク質とは


美容成分コラーゲン。
軟骨などの関節炎にもコラーゲン。
などコラーゲンは一番有名で古くから知られてる成分ではないでしょうか。
→続きはこちらから


アミノ酸とは


アミノ酸の種類は500もあり、そのうちたんぱく質を構成するアミノ酸は20種類です
。 20のアミノ酸の組み合わせで、10万種類ものたんぱく質ができあがります。
→続きはこちらから


構造の説明


たんぱく質の1種であるコラーゲンは、18種のアミノ酸で構成されています。
この中にはトリプトファンを除く8種の必須アミノ酸が含まれています。
人体を構成するたんぱく質の20〜40パーセントがコラーゲンといわれます。
→続きはこちらから


生成のされ方


コラーゲンが作られる過程は
アミノ酸がいくつか結合してペプチドというものができ
さらにそのペプチドが結合してコラーゲンができあがる、という順番になります
→続きはこちらから


コラーゲンペプチド


食事などで摂ったたんぱく質は
ペプシンやトリプシンといった消化酵素によってペプチド
そしてアミノ酸へと分解され、吸収されます。
→続きはこちらから


低分子コラーゲンとペプチド


通常のコラーゲンは、分子量が約30万くらいです。
これは体内へ吸収するには難しい大きさです。
そこで、吸収時間を短くするために分子量を小さくする工夫が重ねられ
→続きはこちらから


コラーゲンを含む食品


細胞は毎日新陳代謝を繰り返しています。
コラーゲンも合成と分解を繰り返していますので
コラーゲンは毎日補給する必要があるのです。
→続きはこちらから


効率的に摂取する


コラーゲンの生成にはビタミンC、亜鉛、鉄も必要です。
ビタミンCは、メラニンの生成を抑えるなど美白にも効果的です。
ブロッコリーやイチゴ、柑橘類などの野菜や果物
→続きはこちらから



動物性コラーゲン


コラーゲンを大別すると、動物性コラーゲンと海洋性コラーゲンの2つに分類できます。
海洋性コラーゲンは、マリンコラーゲン、フィッシュコラーゲンとも呼ばれます。
→続きはこちらから


海洋性コラーゲン


このところ人気の海洋性コラーゲンには、いくつかの呼び方があります。
魚の骨や皮から抽出したものをマリンコラーゲン
魚のウロコ由来のものはスカールコラーゲンといっているようです。
→続きはこちらから


ゼラチン


ゼラチンは、動物性コラーゲンから脂肪を抜いたものです。
すじ肉の煮込みやとんこつスープ、また煮魚の煮こごりのように
加熱で魚のコラーゲンが溶けだして固まったものもゼラチンです。
→続きはこちらから


1型コラーゲンとは


現在確認されているコラーゲンは25〜30種類ほどで
1型、2型、3型というように呼んでいます。
正確にはI型、II型のように、ローマ数字で表されています。
→続きはこちらから


2型コラーゲンとは


軟骨を構成しているのが2型コラーゲンです。
多量の水分を保持できる特徴的なアミノ酸の配列をもっていて
この配列に狂いが生じると
→続きはこちらから


3型コラーゲンとは


3型コラーゲンはたいていの場合、1型コラーゲンとともに存在しています。
皮膚の真皮の70パーセントを構成しているコラーゲンは、1型と3型です。
美容に関しては、3型コラーゲンは重要なコラーゲンです。
→続きはこちらから


活性2型コラーゲンとは


コラーゲンは、成分を抽出するなどの製造過程で、多くは変性してしまうといわれています。
変性コラーゲンは、体内のコラーゲンと性質が異なるため
体内に摂りこんでも大きな効果が得にくいということがありました。
→続きはこちらから



効果のメカニズム


コラーゲンが美肌作りに効果を発揮するメカニズムとしては
コラーゲンを摂ると体内でアミノ酸に分解され
そのアミノ酸を材料として再びコラーゲンが作られる
→続きはこちらから


コラーゲンと新陳代謝


皮膚の表皮は、上から角質層、顆粒層、有棘層、基底層となっています。
一番下の基底層では絶えず細胞分裂が行われています。
新しくできた細胞は次々と押し上げられ
→続きはこちらから


化粧品で得られる効果


化粧品を選ぶ時、まずコラーゲンの文字を探すほど
コラーゲンはスキンケアに重要な成分となっています。
ただし、コラーゲンを直接肌に塗っても
→続きはこちらから


サプリメントの美肌効果


コラーゲンサプリメントの美肌効果
コラーゲンは体中の細胞・組織を作っている成分ですから、コラーゲンを十分に摂ると
さまざまな体の不調や障害の改善が期待できます。
→続きはこちらから


シワ・たるみの改善


皮膚の真皮の70パーセントを占めるというコラーゲン。
歳とともにコラーゲンが減少していくと、肌は弾力を失っていきます。
皮膚には皮溝という細かい溝があります。
→続きはこちらから


シミ・そばかすの改善


シミとはご存知のように、メラニンが沈着してできるもので
沈着する理由は、主に加齢などによって肌のターンオーバーのサイクルが遅くなるからですね。
→続きはこちらから


ニキビ・ニキビ跡の改善


ニキビができる原因は、毛穴に皮脂や古い角質が詰まり
そこにアクネ菌が繁殖して炎症を起こすからです。
古い角質が詰まるのは、とりもなおさず新陳代謝が低下して
→続きはこちらから


美しい髪を作る


髪の毛は、頭皮の真皮にある毛母細胞の毛根から生まれてきます。
毛根は真皮から栄養分を吸収しています。
コラーゲンが不足すると、頭皮の新陳代謝が悪くなって硬くなり
→続きはこちらから


健やかな眼に


眼の水晶体や角膜、網膜などにはコラーゲンがたくさん存在しています。
視力は誰でも40代後半くらいから衰え、老眼が始まります。
老眼は、眼のピント調節機能の低下で起こります。
→続きはこちらから


関節炎に対する効果


歳とともにコラーゲンが減少し、関節痛に悩まされる人が増えています。
コラーゲンは軟骨の主成分となって、関節の柔軟性を保っています。
軟骨は骨と骨との間にあって、骨が円滑に動くための潤滑油の働きをしているのです。
→続きはこちらから


骨粗しょう症に対する効果


コラーゲンは、骨の中のカルシウムやリンを繋ぐ役目をしています。
これによって、骨を強くしなやかに保っているのです。
コラーゲンが不足すると骨が脆くなります。
→続きはこちらから


血管を丈夫に


血管の主成分もコラーゲンです。
血管は、言ってみればコラーゲンのチューブのようなものです。
コラーゲンによって、血管の柔軟性と強さが保たれているわけです。
→続きはこちらから


歯周病の改善


歯と歯茎は骨と似た構造をしており
やはりコラーゲンが強さとしなやかさを与えています。
実は、歯茎を作っている成分の60パーセントはコラーゲンといわれています。
→続きはこちらから


免疫力アップ


私たちの体には、細菌やウィルスの侵入を防ぐ免疫システムが備わっています。
免疫細胞としては、リンパ球とマクロファージがあります。
リンパ球は有害物質に対する抗体を作り
→続きはこちらから



コラーゲンの副作用


若さと美しさに効果的といわれるコラーゲンも
摂り過ぎると副作用があるのでしょうか。
気になりますね。
→続きはこちらから


コラーゲン注射


シワやタルミに即効性があるとして
美容皮膚科でコラーゲン注射をする人も多いようです。
注射器を使って皮膚にコラーゲンを注入するわけですから
→続きはこちらから


アミノ酸スコア


アミノ酸サプリメントのパッケージに
「アミノ酸スコア」の表示をご覧になったことがあるでしょう。
アミノ酸スコアとは、どういう意味でしょうか。
→続きはこちらから


コラーゲンとビタミンC


コラーゲンの生成にはビタミンCが必要です。
コラーゲンでできている血管は
ビタミンCがないとボロボロになって出血が止まらなくなります。
→続きはこちらから


骨の骨組みはコラーゲン


「コラーゲンサプリメントは飲んでも効果がない。
なぜならコラーゲンはたんぱく質で、胃腸で最終的にアミノ酸にされてしまう。
こうなるともうコラーゲンではなく、肉や大豆と同じである」
→続きはこちらから

Share on Facebook