シミ・ソバカスの改善

2012-12-11



シミとはご存知のように、メラニンが沈着してできるもので
沈着する理由は、主に加齢などによって肌のターンオーバーのサイクルが遅くなるからですね。
古い細胞がいつまでも残るために、シミやクスミが生じるわけです。

ターンオーバー、つまり肌細胞の生まれ変わりを担っているのは
主に皮膚の表皮にある基底層です。
基底層は表皮の一番下にある細胞の集まりです。
ここのケラチノサイトという細胞が
細胞分裂を繰り返して次々に新しい細胞を作っています。

新しく生まれた細胞は、どんどん上に押し上げられていき
最終的にアカとなって剥がれ落ちていきます。
この過程で、沈着したメラニンも一緒に排出されるわけです。

基底層の細胞と細胞の間はコラーゲンで満たされ、細胞分裂を支えています。
ですので、コラーゲンが不足すると基底層の働きも衰え
皮膚細胞の生まれ変わりが速やかに行われなくなるのです。

このように、コラーゲン不足からもシミは発生するのです。
コラーゲンを十分に補給して
肌の新陳代謝を活発にしシミやクスミのない肌を目指しましょう。

Share on Facebook