ニキビ・ニキビ跡の改善

2012-12-11



ニキビができる原因は、毛穴に皮脂や古い角質が詰まり
そこにアクネ菌が繁殖して炎症を起こすからです。
古い角質が詰まるのは、とりもなおさず新陳代謝が低下して
肌の生まれ変わりが停滞するためです。

コラーゲンを十分に摂ると肌の新陳代謝が活性化して
古い角質は次々と新しい角質にとって代わります。
老廃物を排出する働きも高まり、毛穴に皮脂や古い角質がたまることがなくなります。

このように、コラーゲンにはニキビ予防やニキビ改善の効果があります。
正しい洗顔で肌を清潔にしたり、脂肪過多の食事の改善をしながら
コラーゲンを摂るようにするといいですね。

ニキビ跡も同様に、新陳代謝の衰えから古い細胞が居座っている状態です。
皮膚の再生能力を高めることで、ニキビ跡も速やかに改善されていきます。


Share on Facebook