美しい髪を作る

2012-12-11



髪の毛は、頭皮の真皮にある毛母細胞の毛根から生まれてきます。
毛根は真皮から栄養分を吸収しています。
コラーゲンが不足すると、頭皮の新陳代謝が悪くなって硬くなり
毛母細胞の毛根に栄養を十分届けることができなくなります。
また、新陳代謝が鈍ることでフケが多くなったり
老廃物の排泄能力も低下して皮脂が毛穴に詰まることにもなります。

このようにして髪の毛の生育が悪くなり、抜け毛や薄毛を招くのです。
そして、栄養を届ける毛細血管を作っているのもコラーゲンです。
コラーゲンが不足すると頭皮の血管が硬くなり
やはり十分な栄養が行き渡らなくなります。

お肌と同じで、髪の健康には頭皮のコンディションを良くしてあげることが大切です。
コラーゲンが十分にあって、頭皮の新陳代謝が速やかに行われる必要があるのです。

ある研究結果によると、コラーゲンを1日14グラム62日間摂ったところ
毛髪の直径の数値が10パーセント前後増えたそうです。

つまり、毛髪が太くなったわけです。強く美しい髪を作るのにも
コラーゲンは欠かせないようですね。

Share on Facebook