コラーゲン注射

2012-12-11



シワやタルミに即効性があるとして
美容皮膚科でコラーゲン注射をする人も多いようです。
注射器を使って皮膚にコラーゲンを注入するわけですから
コラーゲン注射に関しては特に慎重さが求められます。

医療機関では事前にアレルギーテストを行うことになっていますが
結果が出るまでに2週間〜1ヵ月ほどかかるようです。
またテストでOKが出ても、まれにアレルギー反応を起こすこともあります。

アナフィラキーなどたんぱく質に対するアレルギー体質の人やケロイド体質の人
妊娠中・授乳中の人は、医師と相談の上で行うことが大切です。
コラーゲン自体だけでなく注射針の刺激でも
皮膚の発疹や痒み、吐き気や目まい、頭痛
関節痛といった症状を引き起こすことがあります。

またコラーゲン注射は、半永久的に効果が持続するわけではありません。
3ヵ月〜1年程度で、注入したコラーゲンは体内に吸収されてしまいます。
効果を持続させるためには、定期的に注射をする必要があるようです。

Share on Facebook