コラーゲンは効果がない?

2012-12-11



「コラーゲンサプリメントは飲んでも効果がない。
なぜならコラーゲンはたんぱく質で、胃腸で最終的にアミノ酸にされてしまう。
こうなるともうコラーゲンではなく、肉や大豆と同じである」
こういった主旨で、コラーゲンの効果を否定する声があります。
確かにコラーゲンになって胃腸に入ってみないことには
体内でどのように変化していくか100パーセント正確なことは分りませんね。

ただこのような声は、アミノ酸にされてから先のことに触れていません。
私たちは、摂り入れた栄養素を体内でさまざまなものに合成して
体を成長させたり修復したりして生きているわけです。
アミノ酸が組織の合成の材料として使われ、必要な体の部分のコラーゲンとして生まれ変わる。
こういった生命の営みが、私たちの体の中で休むことなく行われていることは
科学的にも検証済みです。

健康や美容に必要不可欠なコラーゲンです。
効果の有無というより
コラーゲンが体内でどのような仕組みで作られるのかを知ることは大切ですね。

Share on Facebook