コラーゲンの生成

2012-12-11



コラーゲンが作られる過程は
アミノ酸がいくつか結合してペプチドというものができ
さらにそのペプチドが結合してコラーゲンができあがる、という順番になります。
そして、コラーゲンの生成にはさまざまな酵素が作用しています。

コラーゲンを作り出すのは、各組織の線維芽細胞です。
生成されたコラーゲンは、ある期間を過ぎると再び分解され
次に作られた新しいコラーゲンと入れ替わります。
このように、コラーゲンは常に新陳代謝を繰り返しているのです。

コラーゲンの量は、20歳くらいをピークにどんどん減少していきます。
加齢とともに線維芽細胞が衰えて、新しいコラーゲンが作られにくくなるからです。
そうすると、古いコラーゲンが長期間残るようになり
柔軟性が失われて硬くなります。
線維と線維の間が狭くなり、水分保持力が低下して弾力が失われてしまうのです。

私たちがコラーゲンの減少を痛感するのはお肌ですね。
しかし、コラーゲンの減少は体中で起こっていることです。
美肌のためのコラーゲン補給は、体全体の若返りに繋がるといえるでしょう。

Share on Facebook