肩コリ・腰痛

2012-12-12



骨盤は上は背骨と繋がり、下は股関節で脚の骨と繋がっています。
ですので、骨盤が歪むと上半身と下半身の両方に支障が出ることになります。

骨盤が歪むことによって、連動している背骨周りの筋肉に負担がかかり
筋肉が硬くなります。
そして血管が締め付けられるために血行が悪くなり
肩や首にコリを生じることになるのです。

骨盤の歪みは背骨も歪めます。
腰椎に歪みが生じると腰痛を引き起こします
。 腰椎周りの筋肉の緊張で起こるコリに加えて
炎症が発生することによる痛みも引き起こします。

また、背骨には神経が通っています。
激しい痛みを伴う椎間板ヘルニアは、椎骨と椎骨の間にある椎間板が潰れて飛び出し
神経を圧迫することから引き起こされます。

骨盤の歪みをとると、筋肉や背骨への負担が軽くなり
コリや痛みを軽減したり解消したりすることができます。


Share on Facebook