生理痛

2012-12-12



骨盤の中にある仙骨は、女性にとって非常に大切です。
なぜなら仙骨は卵巣や子宮と繋がっており
女性ホルモンと密接な関係があるからです。
生理痛がひどい女性は、この仙骨が飛び出ている場合が多いそうです。

骨盤が開きすぎると、仙骨がズレて後ろに飛び出してしまいます。
そうすると、正しい位置へ引き戻そうとして靭帯が緊張します。
この時筋肉や神経も緊張するため、痛みが出るのです。

また、子宮は靭帯や筋肉によって支えられて骨盤の中に納まっています。
骨盤に歪みが生じると、靭帯が歪みの方向に無理に引っ張られることになります。
こうして子宮に異常な緊張が生じ、痛みが発生することになるのです。

さらに骨盤の歪みは内臓下垂を招きます。
下がってきた内臓で圧迫された子宮は、血流が悪くなり鬱血します。
そのため冷えが生じて、生理痛を益々ひどくすることになるのです。

骨盤の歪みは本当に子宮を痛めつけますね。
骨盤の歪みをとって、子宮を良い環境に置いてあげましょう。

Share on Facebook