自律神経失調症

2012-12-12



一言で自律神経失調症と言っても、その症状はさまざまです。
頭痛や目まい、息苦しい、過呼吸、疲労倦怠感、不眠、イライラ、集中力の低下
うつ、食欲不振、消化不良、不整脈、動悸など、数え上げればきりがありません。
しかし、当の本人にとってはとても辛い症状なのです。

自律神経は頭蓋骨内の脳幹部から始まり、背骨を通って仙骨まで届いています。
背骨の左右には椎間孔という孔があり
自律神経はそこから内臓や体の末端まで伸びているのです。

骨盤が歪むと背骨も歪みます。
そして、背骨の周囲の筋肉や靭帯は緊張して硬くなります。
そのため椎間孔から出る自律神経は、圧迫されて働きが悪くなってしまうのです。

骨盤の歪みを直して背骨の歪みをとってやれば
圧迫されていた自律神経が本来の働きを取り戻すことができます。
骨盤矯正で、辛い症状を取り除いてしまいましょう。


Share on Facebook