便秘

2012-12-12



便秘に悩んでいる人のほとんどが、骨盤に歪みがあるそうです。
そして、便秘と同時に、冷えやむくみ、生理痛といった症状がある人が多いようです。

骨盤が歪んで内臓が下垂すると、腸や膀胱が圧迫され働きが悪くなります。
筋肉の偏った緊張によって腰やお腹周辺の血行が悪くなることも
腸の働きの低下に拍車をかけます。

また腸は、骨盤の中の腸骨の上に乗って支えられています。
骨盤が開きすぎてしまうと
腸骨も変形したりズレたりして腸を支えることができなくなってしまいます。
このため、腸の働きが低下してしまうのです。

内臓が下がるだけでも、下腹がぽっこりと出やすくなります。
それに便秘が加わったのでは、美容上も好ましいことではありません。
便秘は万病の元です。骨盤矯正に取り組んで、少しでも早く解消したいものですね。


Share on Facebook